Vittoria DIAMANTE PRO Radialがなかなかよい

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
adidasのmiCoach CONNECTをiPhone 5で使う?
第5回 房総丘陵トレイルランレースの装備

Vittoria Diamante Pro Radialeがなかなかよい。

Vittoria DIAMANTE PRO Radial

Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
Vittoria Diamante Pro Radialeで1500キロほど走ったのですが、なかなかよいので当分メインのタイヤになりそう。

最初に欠点を書いておくと、タイヤの寿命が短そう。1500kほど走ったタイヤの状態はこんな感じです。

Vittoria DIAMANTE PRO Radial

Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
ちなみにこちらが200kmほど走ったときの写真。

Vittoria DIAMANTE PRO Radial

Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
見ての通り減りっぷり。
前輪と後輪で減り方の差が激しいので500kmほど走ったときに前後のタイヤを一度ローテーションしています。この調子でいくと2500キロはもたないかな?
もっとも、よしかわはいつも2000kmくらいの距離でタイヤを買えてしまうので問題ないのですが、短いと思う人もいるかもしれません。

あともう一つ。判断が難しいのですが乗り心地が変わった事。すこし乗らなかった期間があったせいか、タイヤがくたびれてきたのか、季節の変わり目だからか分かりませんが空気圧が7.5気圧だと路面からの振動が辛い。7気圧に落としたら乗りやすくなったのですが加速時の感覚がちょっと嫌な感じがするので前後で気圧を買えた方がいいのかなと。
でも、この変化は去年も別のタイヤで感じたのでこの時期によしかわ固有の問題かも知れません。

残念な点はこのくらいにしてよかったのは、長距離を走って気づいた良さは、タイヤへのダメージが全然なかったこと。1500km走ってタイヤに傷が全然ないのは過去無かったかなと。もっともガラスの破片や鋭利な小さい石がタイヤに刺さっている事が無いのは運がよかっただけかもしれません。でも、好印象。

ここから先は導入時の話でも書いたのですが、走行抵抗を感じない割にグリップ感がある事。これまで使っていたOPEN CORSA EVO CXとあまりさが分からない感じです。
そしてタイヤ交換が楽。タイヤを外すときはさすがにタイヤレバーが必要ですが、タイヤをはめるときにタイヤレバーがいらないのは本当に助かります。

あと、これまで使っていたOPEN CORSA EVO CXに比べて安いのも素敵です。

ってことで、耐久性の欠点がありますがよしかわの使い方的には欠点にならないのでメインのタイヤは決定です。


adidasのmiCoach CONNECTをiPhone 5で使う?
第5回 房総丘陵トレイルランレースの装備
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!