初代Macintosh型のApple Watchスタンドを買った

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
目覚まし時計を新しくした
一眼レフカメラでレンズバリアを実現するX-CAP2を買ってみた

初代Macintosh型のApple Watchスタンドelago W3 STANDを買ってみました。

よしかわがMacintoshを使い始めたのがMacintosh LCIIIからなので、実際には初代Macintosh 128kを使ったことがないし、そもそもMacintoshの存在を知ったのがMacintosh Plusくらいの頃。

その頃からMacintoshが欲しかったのでこの形には思い入れがあったりします。そんなわけで初代Macintosh型のApple Watchスタンドが出る&アマゾンで注文できると知ったら注文しないわけにはいきません。

で、1月の上旬に注文したら早速届きました。
パッケージはこんな感じで。
IMGP8622.jpg
PENTAX K-3 + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


サイズはこのくらい。ゴロンと転がすと思ったより大きく感じます。
IMGP8623.jpg
PENTAX K-3 + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


これは意図的にバンドを外した状態ですけど、とても収まりが良くていい感じ。
IMGP8627.jpg
PENTAX K-3 + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


余談ですが、よしかわは寝室にIT機器を一切持ち込んでいなかったりします。眠れなくなるってのが半分、もうひとつは朝の目覚ましの扱いがいろいろ酷いから。床に落とすってのは当然として枕の下とか布団のどこかに紛れてしまって出てこないなんてよくあるのでiPhoneとか枕元にあるときっと酷いことになるのが目に見えているので寝室に置かないのです。

でも、これならベッドサイドに置いて目覚ましがわりにしてもいいかも。

目覚まし時計を新しくした
一眼レフカメラでレンズバリアを実現するX-CAP2を買ってみた
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr