次期フレームについて

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
雪の夜の写真
浅野耕月堂の松乃露

次期フレームについて年末あたりから悩みまくって具合が悪くなってきた。ってくらい悩んでいるので一旦まとめてみる。
まず現在のメインの機材はBMC racemaster SLX01にコンポは6700のアルテグラという構成。

BMC racemaster SLX01
Pentax K-7 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)




もう一台はBMC team machine SLT01にコンポはSRAMのRIVALという構成。

BMC team machine SLT01
Pentax K-7 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)

それぞれの特徴はSLX01はフロント周りカーボン、リア周りアルミという構成から想像する通りのリア周りの剛性感。そのまんまの特性でガツンと踏めばガツンと加速してすごく楽しいのですがあっという間に足が売り切れます。さらに腰痛持ちなのでロングライドをすると腰に来ます。100km程度でもホイールをフルクラムRacing 1にすると腰が辛くなる始末。フルクラムRacing 3にするとちょうどいい感じになります。

対するSLT01はフルカーボンならではのしなやかさ…というかSLX01の後に乗るとグニャグニャする感じがします。そのおかげでロングライド後も体に疲労がほとんど残りません。そして連続する緩斜面を登ったり下ったりなんてコースであえて重いギアでダンシングをするとフレームのしなってくれるのか結構なペースで走れたりします(SLX01で同じコースで同じ事をしたら早々に失速しました)。

そんな訳でSLX01はちょっと手に余る感じ、SLT01はちょっと不足気味(でも200kmを超えるようなロングライドにはいい)な今日この頃。
そんな事を考えていたところ先日SLX01のフロントディレイラーを破壊してしまいほとんどアウターしか使えない状況に。ディレイラーの交換だけだったら対した事は無いのですが、いろいろおかしい所もあるので調整したり交換もお願いしたい所もちらほら。しかしそうなると出費が結構なことに…

だったらこれを機にニューフレームにしてしまおうかと思い始めた年末だったのです。まぁ、ニューフレームを買うためのいい訳を考えただけだろうと言われると返す言葉もありません。

ではニューフレームを何にするか。
見ての通りBMC好きなので次もBMCのSLR01なんかに行きたい所ですが2012年モデルのフレームのカラーリングが残念な感じなので断念。
スペックも重要なのですが、趣味のものなので所有欲を満足させるというかテンションのあがるカラーリングじゃないとダメなのです、これが。

BMCをあきらめるとして、常に気になっていたブランドのLook。ヒルクライム好きとしてはLookの586SLが気になるところ。

さらにLookのISPな自転車はE-Postがとにかく美しい…しかし2012年モデルはどのカラーリングも気に入らないので却下。

Lookと並んで気になるブランドはTIMEなのですがTIME NXR INSTINCTのBlackLabelはかなり好みのカラーリング。

インプレッションを見て回ると求めているフレームっぽい。価格的にもちょうどいい感じ。ってことでTIME NXR INSTINCTにほぼ決定。

余談だけど、ISPは子供が「変身ベルトがあればライダーに…」みたいな感じでちょっと憧れている。そしてBMC SLT01でシートがずるずる落ちことがちょくちょくあって結構面倒な思いをしたことがあったのでISPにしたい。
まぁ、そもそもいまさらポジションを変える事も無いから固定でいいかなと。

あと、これ以外に気になったフレームはNeilPryde Bikesのアリーゼ。カラーリングがものすごく好み、さらに現在のトレンドのエアロロード。試乗をしてみたら出足の軽さが印象的でしたが、いま求めているフレームの性質とはちょっと違うかなと。

最後にいまの悩みは「現在のユーロ安を考えると2013年モデルを待った方がいいのではないか?」って事、ただLook 586SLはそろそろモデルチェンジしそうだよね。566、695を考えると苦手なフレーム形状になりそう。そして「本当に買い替える必要があるのか、フレームに負けない体を作れよ?」なんて思いかな。

まぁ、買わないといけない分けではないのでもうしばらく悩んでみます。もっとも売り切れを考えると2月中には決断しないとダメかなと…

雪の夜の写真
浅野耕月堂の松乃露

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!