「読んでいない本について堂々と語る方法」を読んだ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
7分間エクササイズを3ヶ月ほど続けてみた
ノースフェイス インパルスジャケットのパッカブル版が出ないので対策を考えた

別に本について堂々と語る機会なんかないけど「読んでいない本について堂々と語る方法」を読んでみた。




4480837167

買ったのがあまりにも前なのでハウツーっぽい本を買わないのになんで買ったのか謎だったんだけど、読んでみたらハウツー本ではなく読書というか「読書とは何か」という壮大な話だった。

よしかわもそうだけど本を通読して初めて本を読んだと考えている人が多いと思うけど本当にそうなのかって感じで、読書、正確に言えば本への理解を色々な段階、色々な例をふまえて読書と考えているものがかなりあやふやではないかと問いかけられます。

そのあやふやな本への理解はその人の中でイメージが出来上がった状態で本を語る事の意味について問いかけてきます。

正直言って普通ならハウツー本としてバカにして絶対に買わないようなタイトルの本ですが、本が好きな人なら一度は読んでもいいと思えるようなとても深遠な本。

ちなみにこんなタイトルの本なのにちゃんと読んでいるって言うのは何と言う矛盾なんだろうと読んでいる途中何度も思うのが欠点と言えば欠点かな。

7分間エクササイズを3ヶ月ほど続けてみた
ノースフェイス インパルスジャケットのパッカブル版が出ないので対策を考えた

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!