任天堂Switchを買ってしまった…

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
Garmin Fenix 5をしばらく使ってみた

歳のせいかゲームが出来ないというか、ゲームの時間がもったいなく感じてしまうようになっていたのですが、任天堂Switchを買ってしまった…

IMGP8826.jpg
PENTAX K-3 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di

正確には任天堂Switchというよりゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが気になってしょうがなかったのです。

団塊ジュニア世代のよしかわはなんというかゲームとともに成長して来ている一番最初の世代のはず。小さい頃からスペースインベーダー、小学生の時にファミコンが出てクラスの噂で「スーマーマリオブラザーズがすごく面白いらしい」なんて口コミが広まったり、少年ジャンプの紙面でファミンコとは思えない超美麗グラフィックのドラクエに衝撃を受け、それが全く動かない絵だと知ってまた衝撃を受けたりしていたわけです。
そんななか、ファミコンカセットの容量の限界を超えるディスクシステム、さらに店頭で廉価にゲームの入れ替えができるとかって夢のシステムの第一弾ソフトとして登場した「ゼルダの伝説」が頂上。謎解きの仕組みに心を打たれながらゲームをやったわけです。

その後のリンクの冒険はいただけなかったのですが、スーパーファミコンの神々のトライフォース、NINTENDO 64向けの時のオカリナ、ゲームキューブの風のタクトなどなどと強烈にやり込んでいたりします。

ただプレステのFF8あたりで突然ゲームに時間を使うことがバカバカしくなって、グランツーリスモとゼルダ以外は全然できないって体になってしまっていたのですが、ニンテンドーDSの「大地の汽笛」が一瞬で飽きてしまって「ついにゼルダもできないくらいゲームがダメになったのか」としみじみ完全にゲーム卒業を認識した次第だったのです。

ところが、任天堂Switch版のゼルダは何かが、引っかかるのと、世の中の異常な評判の良さに抗えなくついに購入してしまいました…
とはいえ、全然売っていない。しばらく変えなくて悶々としていたのですが、ちょうど会社を休んだ日の変なタイミングでヨドバシカメラのホームページを開いたら注文できたので、瞬殺注文して現在に至ります。

グレーだと左右がわからなさそうってだけの理由で赤、青のカラフルなモデルを購入しました。
IMGP8828.jpg
PENTAX K-3 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di


で、ゼルダをやっているのですが、ちょっと体調が悪いこともあって家にいたのですがひたすらゼルダをやってしまっています。

オープンワールド系ゲームが初めてなんですが、ものすごい勢いで時間を奪われています。以前に弟がモンスターハンターをやっていてなんか骨つき肉みたいなものをひたすら作っているのを見て意味がわからなかったのですが、同じようにイノシシとかクマを捕まえては料理をひたすら作っています。なんなんでしょうこれは…これから先の生活がかなり心配になって来ました。

Zelda
ってことで、ゼルダ好きの血がまた騒いでえらいことになっているよしかわでした。


Garmin Fenix 5をしばらく使ってみた
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!