ロードバイク用に小さなベルを手に入れた

FUJIFILM X100S BLACK Limited Edition購入
2014年2月の食欲

ロードバイクに余計な物を付けたくないのですが、公道を走る以上はライトとかベルを付けないといけない訳です。ライトは色々選べるようになりましたが、ベルはまだまだブルー・オーシャンでどれもコレも見た目が…と言う事でクラウドファンティングで出資を集めていた小さなベル。名前もそのまんまの「BELL」を手に入れました。

Bell

PENTAX K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
今回はKickstarterの「A better bicycle bell, made in the USA. by Spurcycle」なんてプロジェクト。

素晴らしい物の特徴で、何でもない形だけどシンプルで美しい。見てすぐに良い物である事が分かるのに、なんでいままで無かったんだろうと思えるようなベルです。

内容物はベル本体と固定用の金属バンド。シンプルなマニュアルの通りの固定方法です。

Bell

PENTAX K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
問題があるとするとよしかわはチネリのネオモルフェなんてカーボンのハンドルを使っているので金属ベルトにカーボンが負けそうな事。心配だったので薄いゴムを一枚挟んで固定しました。

固定方法はバンドをベル本体に引っ掛けてから頭のネジをねじ込んで行くと徐々に締まっていく仕組みです。

Bell

PENTAX K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)

そんなこんなで取り付けたベルはこんな感じ。

Bell

PENTAX K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
想像していた通りの小ささがいい感じ。
ただガーミンとの位置取りに負けていますね。ガーミンを若干右に寄せてベルもすこし右に寄せた方がいいかなとか思っていますが、取り付けてからまだ自転車に乗っていないので何とも言えず。

そうそう、どんな音がするかは「A better bicycle bell, made in the USA. by Spurcycle」を確認してください。ぶっちゃけ音はただのベルです。ここで聞く音よりも現物の音は若干固い感じがします。

このベルの小ささというかたたずまいがかなり気に入ったのですが、色だけは黒の方が良かったかと思い始めた今日この頃。一般販売は2014年の春からのようなので、その頃に黒も買う事にします。日本でもどこかの代理店が輸入してくれるといいのですが。Y’sRoadは変なおもしろい物をよく取り扱っているイメージがあるので期待していたりします。

FUJIFILM X100S BLACK Limited Edition購入
2014年2月の食欲
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!