The PEAKSに参加してきた

第4回白馬国際トレイルランに参加してきた
次期バックパックをどうしようかなと

走行距離153km、獲得標高5070m。日本最強、最悪を名乗るライドイベント「The PEAKS」に参加してきました。

Elevation

最強、最悪と言っているけど、この高低差を見ると半分は下りで休めるので実質75kmの登り。ゆったり富士ヒルクライムを3回やればいい感じかな?
そして「レースのように追い込む必要もないので、まぁ大変だけど何とかなるでしょう」って感じであんまり深刻にも考えていませんでした。

さて、このイベントですがスタートが早朝なので前日に長野の上田入り。
のんきに観光って感じで上田城跡公園に行ってみたら何かしている。どうやら真田幸村公出陣ねぷたなんてお祭りがちょうどあるみたい

上田城跡公園

PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL [IF]

The PEAKSの受付、レセプションパーティーに出て(食事があるってことだったけど、着いてみたら食事は何もなかった)、上田 からあげセンターで夕食を食べてから、お祭り見てみる。

真田幸村公出陣ねぷた

PENTAX K-3 + smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL [IF]
上田駅前は参加者がかなり盛り上がっていたけど、観光客の人は少なかったのでのんびり見れた。しかしねぷたって人の形をしたヤツじゃないの?なんて思ったんだけど、扇形のねぷたってのもあるのね。

次の日の朝が早いのでお祭りはそこそこにホテルに帰って寝る事にしたんだけど、お祭りの音が外ですごい…しょうがないか。

午前3時に起きてみると天気予報通り外は雨。
駐車場について準備をしていると小振りにはなったけど雨…

The PEAKS

NIKON COOLPIX AW120

しかし参加者はなかなか元気で5時頃の時点で続々と人がやってくる。

The PEAKS

NIKON COOLPIX AW120
スタート自体は午前3時以降自由な時刻にスタートが出来て、24キロ登った先にある最初のチェックポイントがオープンするのが午前6時と聞いていたので、5時にスタートしたんだけど登って少しをした所で明るくなってきたのでちょうど良かった。

そんなに急ぐ必要もないので淡々としたペースで走っていたらNHKの「チャリダー」って番組の人に抜かれたんだけど、ちょうど良さそうなペースだったのでお尻にくっついて走る。オートバイが並走していてなかなか物々しい。

The PEAKS

NIKON COOLPIX AW120
しかし、このペースはトータルで考えるとちょっとオーバーペースだったのかも。

AS-1まで登ってから、AS-2まで一気に下り。雨って事でゆったりペースで下山したんだけど、コレが寒い。とにかく鼻水が出まくる。そのうえコースも狭かったり、道が良くなかったりでなかなかスリリング。
AS-2の補給は体が冷えきっていたので、軽く食事をしてとりあえずまた登る。
登りは大変なんだけど、体を動かしているので寒くないし、下りのような怖さもない。
そしてもやのかかった感じが素敵。しかし体が冷え過ぎで体が固くなって最初はペダリングのペースが上がらずにサイコンのオートストップの設定速度6キロ前後で「Auto Resume」って自転車が停車しているって扱いを受ける。

The PEAKS

NIKON COOLPIX AW120
そんな苦しみながら二つ目の山を登るも、すぐに下ってAS-4を午前9時すぎくらいに付いた時点で雨が止む。これも天気予報通り。

AS-4の後の登りを登っていると道路から水蒸気が上がっていてどんどん路面が乾く。

The PEAKS

NIKON COOLPIX AW120
コースは快適になるんだけど、疲労は結構な量になっているのでペースは上がらず。この辺りから登っている時に坂が10%とかって標識が鬱陶しくなる。
3つ目だかの登りっている所で路面状況が良くなってほぼ路面が乾いたのでいい感じのペースで下って武石観光センター。

突然山の中にレッドブル。ハマーの上にDJブースがあったりとなかなかの違和感。

The PEAKS

NIKON COOLPIX AW120

ちなみにこの時点で確か100キロを超え。このあと袴越山を登って、美鈴湖側に降りてまたそこを戻ってくると言うなかなか不毛な最後の登りが二つ。
体の方はと言えば疲労はあるけど、どこかが攣りそうな気配が特になかったのが助かる。
ペース的に無理をしていないので無酸素域になる事が少ないのが良かったみたい。ただ腰と肩甲骨の間が激しく筋肉痛。登りで結構上半身を使っているのか?

そんな感じで疲労感はあってペースがあげられないながらも、どこか限界を感じるような事もなかったので黙々と登って、下って、登って、下って無事完走。

THE PEAKS

PENTAX K-3 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
フィニッシャーステッカーを無事貰えましたけど、参加費が1万5千円で参加賞のサコッシュと完走ステッカーだけってのは割高感は否めない。

登りが続くとは言え自分のペースで淡々と走れたので辛いながらも、以前にグランフォンド福井に出た時に平地を40kmオーバーの列車に乗って延々と走った後の登りで足が吊る寸前まで追い込んだ時に比べたら全然楽でした。比較が2009年で自転車を始めたばかりの頃って事を考えると比較は難しいか。
次回はあるのか?コースは変わるのか?いろいろ気になりますけど、坂馬鹿的には一日登りまくれてなかなか楽しかった。割高な参加費が次回何とかなればまた参加したいです。


第4回白馬国際トレイルランに参加してきた
次期バックパックをどうしようかなと
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!