名前と日の丸とゼッケンプレートのコンボセット

TIME NXR INSTINCT BlackLabeに乗ってみた
「異国通信vol.3物語のある風景」展

新しい自転車が届いたので先日購入したROTORのRACE PLATE HOLDERにつけるプレートを作ってみた。

TIME NXR INSTINCT BlackLabel
Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)

「ちょっとまて、プレートは作るものじゃなくてレースに出る時に指定されたものをつけるものじゃないのか』って言われるとその通り。つける必要も無いんだけど、あのゼッケンプレートかっこいいじゃないですか。あれです、車で言えばチックチューンとか、昔あったDTM風マフラーとかそんな感じです。ナニーニのアルファ155とかかっこ良かったじゃないですか。
さらにアレです。自転車の場合はさらにプロと同じ機材を使う事が出来るので、機材以外もそれっぽくすれば、より気分も盛り上がるじゃないですか!

前置きはこれくらいにして、まず完成イメージはこんな感じ。
こんな感じ
で、まず用意したのはこんな塩ビの板。世界堂で買ってきました。
ゼッケンプレート作成
Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
まずは適当なカードをつけてみてサイズを確認。竹の定規については突っ込みは不可。
ゼッケンプレート作成
Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
出来ればフレームの形に合わせて形を揃えようってことで、写真を元に形を決定。下にあるタイムのロゴはプレートにタイムのマークを入れようと大きさを見るため配置してみた。
ゼッケンプレート作成
Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
あとは図形のサイズを写真の中の定規を元に調整、背景にしてある写真を消したうえで型紙として印刷、型紙を塩ビ板に重ねた状態でカッターで切断します。加工がしやすいって事で塩ビの板を買ったのですが大正解でした。ナイス選択、オレ。最後にキリで穴をあける。なお、この作業は机を傷つけないようにカッティングシートの上で作業をしました。
ゼッケンプレート作成
Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
ビビって小さくなるように切ったらいまいち…
そして、いざここまで来たら恥ずかしくなってきた。
ゼッケンプレート作成
Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
でも負けない!「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」ってことで日の丸のシールも貼ってみた。

Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
さらに、自転車屋さんで「名前を入れたいのでそんなサービスを知りません?」とか聞いてみたらテスト的にシールを作ってくれたので貼ってみたらテンションが上がる、上がる。
TIME NXR INSTINCT BlackLabel
Pentax K-5 + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
とは言え、こんなゼッケンプレートをつけてJBCF下総クリテリウムにふらふら行ったら、Jproツアーの参加者がゼッケンをつけている所なので偽物のよしかわは恥ずかしいこと、恥ずかしいこと。「ごめんなさい、自分選手じゃありません。なんちゃってなのであんまりジロジロと自転車を見ないで下さい」ってな状況になってました。
でも、だんだんこの恥ずかしさは麻痺するはずなのでしばらくつけたままポタリングしてみます。その時はアンパンマンのシールかランチャのHFな象さんあたりのシールでも貼って馬鹿っぽくいってみます。

TIME NXR INSTINCT BlackLabeに乗ってみた
「異国通信vol.3物語のある風景」展
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!